Web版「サハリン逍遥」014

ペリメニ

ペリメニ」である。ペリメニはロシアの水餃子と言ったらわかりやすい。普通、市場などで売られているそれのサイズはおよそ直径3センチくらいか。しかし、本来はロシア料理ではなかったようだ。

ウラル地方・モンゴルから伝わった料理と考えられています。その土地を訪れていたロシア人が現地住民のブリヤート族からバンシー(パンの耳)という料理を教わったのが始まりだといわれている。 続きを読む Web版「サハリン逍遥」014

Web版「サハリン逍遥」013

サハリンでも最近は所謂鉄筋コンクリートのアパートメントが多い。それでも所々に写真のような、昔ながらの木造の家も残っている。ボクは思うのだが、木造の家が残っている一帯をそのまま歴史の証人として残すのはどうだろう。勿論道路も整備して…。このままじゃ雪が解けると歩けないほどの凸凹道路になる。むろん未舗装だ。

晋三氏の憂鬱 《けじめ》片山通夫

昔「けじめなさい」という歌があった。
作詞:売野雅勇 作曲:馬飼野康二 近藤真彦の歌で、 出だしはこんな感じだった。

ケジメ ケジメのないあなた(ダメダメ BABY)
ケジメ ケジメなさいあなた(本気で BABY) (YOU&ME CRAZY×2)
優しさにつけこむのはいけないね (Fuuuu NO NO)

続きを読む 晋三氏の憂鬱 《けじめ》片山通夫

哀れ、哀れ・晋三氏の憂鬱 《外交の安倍が泣いている》片山通夫

この28日、北朝鮮の金正恩氏が電撃的に北京を訪問し習近平氏と会談した。むろんこのニュースは世界を駆け巡り、アメリカと北朝鮮の会談への布石となると思われる。核実験やミサイルを撃ってきた北朝鮮は中国との関係が冷え切っていたように思えた。しかしながら、やはり両国の関係は朝鮮戦争以来の「血盟関係」なのだろう。 続きを読む 哀れ、哀れ・晋三氏の憂鬱 《外交の安倍が泣いている》片山通夫

まだまだ・晋三氏の憂鬱 《読み違い》片山通夫

昨3月27日、佐川前国税庁長官の証人喚問が国会であった。なんでも50回以上「訴追の恐れがある」と証言を拒んだという。見事に晋三氏の鎖の先に繋がれているかのようだった。

「あれ?ポチがプードルを飼っている」なんて余計なことは言わないで」
続きを読む まだまだ・晋三氏の憂鬱 《読み違い》片山通夫

晋三氏の憂鬱 《支持率は危険水域》片山通夫

内閣支持率 下げ幅最大森友で無党派離れる

 総裁選支持、安倍氏24%に急落

学校法人「森友学園」に関する財務省の決裁文書書き換え問題が内閣支持率の急落につながったことが浮き彫りになった。2月下旬から14ポイント下落し、1カ月間の下げ幅は第2次安倍内閣発足後で最大だ。無党派層の支持離れが目立つ。世論の首相への信頼度低下で「安倍離れ」が進み、9月の自民党総裁選での圧勝シナリオは揺らぐ。

 

妻「ねえ、読んだ?この新聞」
晋三氏「知ってる。日本経済新聞」
妻「日経にもこんなこと書かれているようでは、先はないわね」
晋三氏「お前が言うか?」
妻「あら、前から言ってたじゃん。私は家庭内野党ですよ」

Gallery《Hokkaodo Northern Territorial Front Line》No.2

知床半島の少し南に野付半島という砂嘴でできた半島がある。この砂嘴には、トドマツ林が、海水面上昇ないし地盤沈降に伴う地面の浸食により枯死したトドワラで有名だ。いわゆる立ち枯れである。その野付半島から国後島は16Km。目と鼻の先である。そしてその狭い海域で羅臼漁港から小さな漁船で中間線以内での漁をする。「境界線」を超えると拿捕されるという危険があることは言うまでもない。写真の漁船の人は「水揚げも大したことないので」と言葉少なにつぶやく。大きな漁船でロシア側に入漁料を払ってまで漁はできないというわけだ。