追悼 阪神淡路大震災

今日1月17日はあの阪神淡路大震災が起こった日。
毎年追悼の日には神戸へ行っていたが、今年は遠慮しておく。
何しろ感染力の強いといわれているオミクロン株が猛威を振るっている。
合掌

 

 

 

 

【PR】 片山通夫写真集 “ONCE UPON A TIME”

1960年代から撮ってきた写真。私の集大成ともいうべき作品集を纏めようとしています。「コロナ禍」で出歩けない日々にフィルムをデジタル化し、すでにデジタルカメラで撮った写真は今一度見直し場所を特定して・・・。手間な作業でしたが意外に面白く時間のたつのが忘れるときもしばしば。
春には出版の運びになると思います。

ONCE UPON A TIME

◇現代時評《近頃巷で流行るもの》片山通夫

昔、「二条河原落書」という秀逸な落書が書かれた。

夜討(ようち)強盗謀綸旨(にせりんじ)
召人早馬虚騒動(そらそうどう)/生頸還俗(げんぞく)自由出家
俄(にわか)大名迷者/安堵(あんど)恩賞虚軍(そらいくさ)
本領ハナルヽ訴訟人/文書入タル細葛(ほそつづら)
追従讒人(ざんにん)禅律僧/下克上(げこくじょう)スル成出者
器用堪否(かんぷ)沙汰モナク/モルヽ人ナキ決断所・・・

「二条河原落書」は鎌倉幕府滅亡後に後醍醐天皇により開始された建武の新政が開始されてから2年後の、建武元年(1334年)8月(建武2年(1335年)8月説も存在、後述)に、建武政権の政庁である二条富小路近くの二条河原(鴨川流域のうち、現在の京都市中京区二条大橋付近)に掲げられたとされる落書(政治や社会などを批判した文)で、写本として現代にも伝わる。 (ウイキペディア) “◇現代時評《近頃巷で流行るもの》片山通夫” の続きを読む