「Wakkanai」カテゴリーアーカイブ

Gallery《Hokkaodo Wakkanai》

稚内は北海道・・というか、日本最北端の町。幕末に松浦武四郎という探検家が、開拓使の役人として、1869(明治2)年7月17日に蝦夷地に代わる名称の提案を明治政府へ行った。その候補にあがったのが「北加伊道」「日高見道」「海北道」「海島道」「東北道」「千島道」の6案。最終的に「北加伊道」の「加伊」が「海」となって、同年8月15日に現在の「北海道」と命名された。武四郎は幕末に出版した「天塩日誌」の中で、天塩川流域を調査した際に出会ったアイヌの長老アエトモから、「カイという言葉には、この地で生まれたものという意味がある」と教えられたと記しており、「北加伊道」にその意味を込めたと言われている。(参考 音威子府観光情報サイト