京・伏見・酒処 004

1933年斬新な月桂冠のポスターが出来上がった。しかしこのポスターは日の目を見なかったという。あまりにも斬新で当局の許可を得ることができなかったとか…。
写真:問題のポスター(部分)

 

京・伏見・酒処 001

 新選組の昔、いやそのもっと昔、1637年の昔、大倉酒造の生みの親・大倉治右衛門が笠置からここ伏見に出てきて酒屋を営んだのがその始まりとされている。

良質の伏流水に恵まれたこの地は秀吉の築いた伏見城とその堀川や宇治川の水運にも恵まれて、京都、大阪の2大都市を結ぶ交通の要衝として栄えた。
そして大倉酒造が生まれ、月桂冠が生まれることになったのは、自然の理だったのかもしれない。写真は酒造に欠かせない伏見の伏流水

光と影の彩なす一瞬《生月島に見るカクレキリシタン》006

 写真は正月の行事。近所に住む「カクレキリシタン」たちが集まってオラショを唱える。
オラショとは、日本のキリシタン用語で「祈り」の意。ラテン語のオラシオ (oratio、祈祷文) に由来する。オラショは、パライソ(天国)やインフェルノ(地獄)の教えが、カクレキリシタンによって300年間あまり、口伝えに伝承されたものである。カクレキリシタンにとって、オラショは一種の呪文のようなものであり、意味内容を理解した上で唱えられているものとは言えず、「基本的には一つの行として、暗記して唱えること自体が重要なことであって、意味そのものを理解することにはほとんど関心がない」という。(完)

光と影の彩なす一瞬《生月島に見るカクレキリシタン》004

マリア観音とは、その名の通り、おもに江戸時代の禁教令によって弾圧を受けたキリシタン(キリスト教徒)達によって信仰の対象とされた聖母マリアに擬せられた観音菩薩像のことである。そしてその多くは中国の青磁、白磁の慈母観音で子供を抱いている。隠れキリシタンは、マリア像を持てなかったので、これら観音像を聖母マリアにその姿を投影して信仰の対象とした。