晋三氏の憂鬱 《支持率26%の恐怖》片山通夫

《安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード。内閣支持率26%で安倍首相が必死! 大阪ではやらせ応援プラカード、冷淡対応していた横田滋さんを急にお見舞い》

RITERAが書いた。 このプラカードは記事によると、自民党が制作して周辺に配ったという代物。また、入院中の横田めぐみさんの父・滋さんを見舞ったとか…。また晋三氏は2年ほど前にめぐみさんの母である早紀江さんは思いを綴った長文の手紙を安倍首相に送ったものの、安倍首相はこれを完全に無視。返事も電話も返さなかったことも明らかになっている。
“晋三氏の憂鬱 《支持率26%の恐怖》片山通夫” の続きを読む

晋三氏の憂鬱 《内憂外患なのだ》片山通夫

今日2018年4月14日(日本時間)、トランプのアメリカはシリアを攻撃した。
CNNは次のように伝えた。《トランプ米大統領は13日、シリア政府による首都ダマスカス近郊の反体制派支配地域への化学兵器攻撃への対応として、シリア政府施設への攻撃を命じたと明らかにした。トランプ氏はホワイトハウスで、「シリアの独裁者、バシャール・アル・アサドの化学兵器能力に関連する目標に対して精密攻撃を行うよう米軍に命じた」と明らかにした。攻撃はフランスや英国と連携して行われ、目的は「化学兵器の製造、拡散、使用に対する強力な抑止力を確立することだ」とも述べた
“晋三氏の憂鬱 《内憂外患なのだ》片山通夫” の続きを読む

晋三氏の憂鬱 《蚊帳の外と中》片山通夫

晋三氏「北朝鮮問題では蚊帳の外!誰も入れてくんない」
官房長官「大丈夫です。財務省や文科省、防衛省に経産省、最近では農水省、おまけに愛媛県までが《安倍案件》って入れてくれてます!!」
晋三氏「・・・・汗」

晋三氏の憂鬱 《見捨てられた!》片山通夫

愛媛側の来訪 事前伝達 15年3月 官邸側が文科省にこんな見出しの記事が東京新聞に載った。
⇒学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部開設を巡り、愛媛県今治市の幹部ら一行が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)に面会する直前の二〇一五年三月、首相官邸側から文部科学省に「愛媛県や今治市、加計学園の関係者が近く首相官邸を訪問する」と伝えていたことが十一日、文科省関係者への取材で分かった。  “晋三氏の憂鬱 《見捨てられた!》片山通夫” の続きを読む

晋三氏の憂鬱 《内外で置いてけぼり》片山通夫

「ロシアのラブロフ外相、平壌訪問へ 北朝鮮外相が招待」ほかでもない、CNNのニュースだ。
「ロシアのラブロフ外相は10日、北朝鮮の首都平壌を訪問する意向を表明した。モスクワを訪れている同国の李容浩(リヨンホ)外相から正式に招待され、これを受け入れたとしている」 “晋三氏の憂鬱 《内外で置いてけぼり》片山通夫” の続きを読む

晋三氏の憂鬱 《タイムリミットが近い!?》片山通夫

ついに《安倍首相がゴールデンウイーク後に電撃内閣総辞職》なんて噂が飛び出してきた。何しろ森友改ざん、日報隠蔽、おまけに加計学園問題と三重苦の内閣なのだ。
晋三氏「もうだめかもしれん。野党の連中はともかく、身内であるはずの自民党や公明党の、徐々に距離を置きだした。官僚連中も人事局の威力を信じなくなってきた、、、」
晋三氏「こんな時支えになってくれるはずの妻はどこかへ行って帰ってこない」
晋三氏は自分が公邸に寝泊まりしていることを棚に上げて嘆いていた。

「おかーちゃん」
ゴッドマザーと異名をとる母を公邸で寂しく呟く晋三氏だった。